薄毛の高校生、発毛して青春!

発毛を阻害するエクステとミスト

お洒落を楽しむ上で欠かすことができないのは洋服だけではなく、ヘアスタイルやヘアカラーリングも例外ではありません。
近年では、既存の毛髪に対して人工毛を取り付けるエクステも流行しており、ヘアスタイルに纏わるお洒落は幅が広がり続けています。
このように、お洒落に欠かせない事が薄毛を引き起こし発毛に悪影響を与えています。
近頃では、男性においても薄毛である事を目立たせないようにする目的で毛髪を茶色に染めたり、パーマを施術してボリュームアップを図るという事が行われています。
こうした施術を行うと目立たせなくさせる事ができるものの、一時しのぎにしかならず長い目で見るとより一層抜け毛を増やしてしまう要因になります。
つまり、対策として行っていた事が逆効果になってしまうのです。
また、日々ヘアセットに使用する方も多い整髪料も発毛を考えている方には不適当です。
時折、整髪料を塗布した状態の頭髪に対してミストを吹きかけて再調整を行う方が居ますが、整髪料が流れ落ちて頭皮に付着してしまうため抜け毛を助長してしまいます。
しかも、頭皮の毛穴に整髪料の成分が配合された水分が浸透することにより通常のシャンプーでは洗い流す事ができなくなるので、毛母細胞自体が機能しなくなり永久的に発毛しなくなる可能性も高いです。
同じく、ヘアカラーリングを施術する際のカラーリング剤も地肌に付着すると悪影響が及びます。
中でも見受けられるのが、配合されている成分によりアレルギー性皮膚炎が生じるという事です。
アレルギー性皮膚炎が生じると、頭皮環境が劣悪なものになるため全体的に薄毛に見舞われる可能性が高まります。
安全と言われるヘアマニキュアにおいても確実に安全とは言い切れないので、できれば使用しない方が良いでしょう。