薄毛の高校生、発毛して青春!

亜鉛を取れば発毛の働きが回復する

亜鉛は発毛に密接なつながりがある栄養素の一つです。この栄養素を多めに取ることで、頭皮の発毛の働きが回復します。亜鉛にはたんぱく質を髪の毛に変える働きがあります。たんぱく質は髪の原料で、たんぱく質を取ることも大切なのですが、亜鉛の量が少ないと発毛につながりません。亜鉛を毎日の食事に多く取り入れるようにしましょう。亜鉛がたくさん含まれている食品は牡蠣です。牡蠣が旬の季節は、それを多く取るようにしましょう。野菜などいっしょに牡蠣を取れる牡蠣鍋がお勧めです。毎日取る食品としてお勧めなのはチーズです。チーズに含まれている亜鉛の量は牡蠣の三分の一程度ですが、毎日取りやすいというメリットがあります。またチーズの中には髪のもとになるたんぱく質も含まれているので、チーズを食べると一石二鳥の効果があります。亜鉛はビタミンCと取ると体の中にスムーズに吸収されます。チーズと一緒に野菜や果物も多く取るようにしましょう。

この栄養素は取りすぎると、副作用が起きることがあります。副作用の例としては、急性中毒があります。吐き気やめまい、発熱などが起こります。中毒は量をとりすぎた時です。普通の食事で起こることはほとんどありません。ただし、抜け毛や精力減退を一気に解決しようとして、食べ物やサプリメントで多く取りすぎると中毒が起こる可能性があるので注意しましょう。亜鉛の1日の摂取量の上限は30ミリグラムです。これを超えないように気を付けましょう。30ミリグラムを超えて摂取する日が続くと、別の副作用が起きることがあります。貧血や免疫力の低下などが起きるので、1日に取る量にも注意を払いましょう。できるだけ食べ物で取るようにすれば、取り過ぎになることはありません。