薄毛の高校生、発毛して青春!

高校生は若いから薬でなく自力で発毛することが可能?

早い場合ですと高校生から薄毛になってしまうことがあります。
成人の場合なら薬によって対策をすることができますが、若い時の場合は薬を使用することはあまり推奨されていませんし、そもそも病院でも処方をしてくれないことが多いのです。
ただ、高校生くらいなら薬に頼らずとも発毛をさせられる可能性が高いです。
発毛させる為のポイントがありますが、まず頭皮ケアをきちんと行うことです。
高校生くらいの年齢ですと皮脂の分泌が活発になっていることが多いのですが、過剰な皮脂は薄毛の原因になってしまいます。
その為、日々しっかりと頭を洗って清潔に保つ必要があります。
頭皮の皮脂をきれいにする方法として医薬品が配合されているシャンプーがおすすめです。
シャンプー剤としてケトコナゾールシャンプーがあります。
ケトコナゾールにはAGA治療薬に含まれているフィナステリドが含まれているお薬が多いですが、ケトコナゾールにもAGAの原因となる男性ホルモンを抑制することができます。
成長期の高校生にはまだAGA治療薬の服用が早いことを考えるとケトコナゾール配合のシャンプーなどで頭皮を清潔にされることをおすすめします。
ただし、ここで注意しなければいけないのが洗い過ぎにならないようにすることです。
洗い過ぎになると皮脂が不足してしまいますが、皮脂は頭皮を保護する為の大事な働きもあります。
そして奪い過ぎてしまうと頭皮を保護しようと分泌が余計に活発になってしまうのです。
つまり却ってベタベタし易くなりますので、過剰に洗うことは厳禁と考えておいた方が良いでしょう。
栄養バランスを整えることも髪の毛にとって重要なことです。
例えばスナック菓子やファストフードなどを好む若者も多いかと思われますが、栄養バランスが偏ってしまうと髪の毛に必要な栄養まで不足して弱くなってしまう恐れがあります。
髪の毛の為にはバランスの良い栄養が必須ですので、栄養面も意識して食事を摂るようにした方が良いと言えます。
徹夜や夜更かしをしないことも大切です。
髪の毛が成長するのは眠っている時ですので、睡眠の質が悪くなると薄毛リスクを高めます。
規則正しく眠るようにしないと発毛もし難くなりますので、生活リズムが乱れているようなら改めた方が良いでしょう。